ここが面白い、青果ビジネス

毎日状況がちがう、変化に富んだ仕事

野菜や果物をあつかう私たちの仕事は、天気がよければとれすぎて値段が下がったり、逆に悪天候が続けば品薄になって値段が上がったりするなど、毎日状況が変わってきます。

このようななかで、卸売市場から青果を仕入れて取引先の発注どおりに納品するためには、天候・相場・品質を意識し、日々さまざまな工夫をしていかなければなりません。ここが、この仕事の大変さですし、面白いところでもあるのです。
さまざまな青果物の産地の天候を先読みして、自分の判断でその時々の最適な産地を選択して仕入れていくわけですが、自分の読みがぴたりと当たったときなどは、とても仕事の手応えを感じます。

concept_img1

また、卸売市場の担当者とはフェイス・ツー・フェイス、あるいは電話で毎日のように仕入交渉を行っています。ですから、お互いの人間関係をどうつくっていくかといった人間臭い面も、この仕事で求められるのです。

産地でのさまざまな体験が仕事に生きる

私たちは青果のプロフェッショナルを目指さなければと考えています。

ですから、野菜や果物がどのように栽培されているのか、どのような土壌や肥料で育てられたらどんな味になるのか、といったことも勉強していく必要があります。営業課の担当者が産地に赴き、生産者の方々からお話を聞きながら、栽培のようすを見たり、収穫の体験をしたり、といった活動も行っています。もちろん、自分の舌で味をみることも欠かせません。

実際に私も、岩手県の江刺、山梨県の西八代などに出向いて生産者の方々とお話をしながら、トマトやナス、ピーマン、トウモロコシなどがどのように栽培され、出荷されるのかを見せていただき、収穫体験もしてきました。このような体験が、日常の仕事のいろいろなところで役立っていることはいうまでもありません。

concept_img1
岩手県江刺の生産者を尋ねる

バイヤーへのプレゼンも現物を使って

concept_img1
様々なジャガイモ

たとえば、ジャガイモの場合。男爵イモやメークインといった品種があります。

前者はホクホクしていますが煮崩れしやすい、後者は粘りがあって煮崩れしにくいといった特徴があるため、それぞれの料理で使い分けていくわけですが、同じ品種であっても産地によって微妙に味などがちがってきます。

ワタリ青果では、社内のキッチンを使ってジャガイモを品種ごと、産地ごとに調理し、自分たちでテイスティングを行うとともに、取引先のスーパーマーケットのバイヤーにもこれをテイスティングしてもらっています。

現物を使ったこのプレゼンは、とても効果がありますね。

concept_img1
シンプルな「こふき芋」で味比べ

これからは営業マンとしてもっと外へ

ワタリ青果は、沖縄や北海道への遠距離物流において長い実績があります。野菜や果物は、まさに「いきもの」ですから、寿命が尽きると腐ってしまう運命にあります。寿命をできるだけ伸ばして、青果を新鮮なまま消費地まで届けるのがコールドチェーンですが、ワタリ青果はこの技術やノウハウにかけては他社に負けないものをもっていると思っています。

この技術やノウハウを生かしてワタリ青果は、「高品質な野菜や果物が集まる東京」で仕入れた青果を日本の各地に供給していきたいと考えているのです。そのためには、私たち自身で新しい販路を開拓していくことも必要になってきます。

ワタリ青果はこうした営業活動については、残念ながらこれまであまり積極的に取り組んできませんでした。しかし、ワタリ青果にとっての「ニュービジネス」を展開するにあたって、私も営業マンとしてどんどん外に出ていきたいと考えているところです。ワタリ青果がいま広く人材を求めているのも、こんなバックグラウンドがあるのです。

最後に、青果の仲卸というと朝早くから力仕事をやるんじゃないかと思っている方も多いと思います。たしかに実際に荷物を動かす物流の部門はそんな面がありますが、仕入れや営業、加工、事務の部門は勤務時間など一般のビジネスマンと変わりません。これだけは、つけ加えておきます。


営業課 課長
宮田 仁志
Copyright ©  Watari Seika -株式会社ワタリ青果- All Rights Reserved.
PAGE TOP